1. HOME
  2. Column
  3. コーチング
  4. コミュニケーションとポジティブシンキング

コラム

column

コーチング

コミュニケーションとポジティブシンキング

企業という組織において、「社員間のコミュニケーション」や「ポジティブシンキング」は非常に大切なものです。両者には表面的には何の繋がりも見られないかもしれませんが、密接な関係を持っています。ここでは、両者の関係についてご紹介いたします。

コミュニケーションで得られるもの

社内のコミュニケーションが良好だと、ビジネスの基本である報・連・相が円滑に進むのはもちろん、下の立場にある社員から意見を貰いやすくなります。経営者から新入社員へ、新入社員から経営者へというように、立場に左右されることなく情報が共有できるため、より強固な組織へと近づけるでしょう。また、職場環境が良好だと仕事が楽しくなり、ポジティブな気持ちで仕事に接することができます。さらに、日頃のコミュニケーションの積み重ねによりお互いに信頼関係が生まれ、仕事を頼んだり、頼まれたりといったスムーズに業務が進む職場の構築にも繋がります。

ポジティブシンキングから得られるもの

ポジティブシンキングは本人のモチベーション向上に繋がるだけでなく、周囲へ多大な影響を与えます。例えば、チームで困難なことが起こっても、挫けることなく前向きな言葉でチームを奮い立たせることができますし、チームの誰かが失敗しても、励ましの言葉がチームを再起させます。ポジティブな気持ちは組織の衰退を防ぎ、逆に組織力・チーム力の糧となるのです。このようにポジティブシンキングは職場環境を良好にしてくれるものですが、職場環境が良好になるとコミュニケーションが取りやすくなります。ポジティブシンキングはすなわち、コミュニケーションの土台となるものなのです。

このように、ポジティブシンキングから社員同士のコミュニケーションが生まれ、コミュニケーションからポジティブな職場環境が生まれます。ポジティブシンキングと社内のコミュニケーションはお互いに作用しあう、相互扶助の関係にあるのです。そのため、社内におけるコミュニケーションコンサルティングも注目されています。

弊社では、コミュニケーションコンサルティングやエグゼクティブコーチングなどの企業研修を行っております。社員のコミュニケーション能力を向上させたい、社員にポジティブになってもらいモチベーションを維持・向上させたいとお考えなら、ぜひ弊社のコミュニケーション研修をご利用ください。

関連記事