1. HOME
  2. Column
  3. コーチング
  4. ノンバーバルコミュニケーションを活用する

コラム

column

コーチング

ノンバーバルコミュニケーションを活用する

コミュニケーション能力というと会話に焦点が置かれがちですが、実は話の内容自体はそれほど重要ではありません。円滑な人間関係を築くために活用したい、ノンバーバルコミュニケーションについてご紹介いたします。

第一印象はノンバーバルコミュニケーションで決まる

言葉によるコミュニケーションを「バーバルコミュニケーション」、言葉を使わないコミュニケーションを「ノンバーバルコミュニケーション」と呼びます。ノンバーバルコミュニケーションは、顔の表情や身振り手振り、ジェスチャーなど言葉以外のコミュニケーション手段です。

アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアン博士は、人が話し手から受け取る情報がどのような要素で形成されるのかを測定しています。その結果、話し手の印象は、顔の表情や声の質など非言語的な要素で決まることが分かっています。

○表情・仕草・視線など…55%
○声の質・大きさ・テンポなど…38%
○話す言葉の内容…7%
同じ内容を話しても、人によっては説得力があったり、あるいは全く伝わらない場合があります。それは表情や声の大きさが原因かもしれません。コミュニケーションにおいて最も大切なのは、言葉を用いないノンバーバルコミュニケーションであるといえます。

ノンバーバルコミュニケーションをビジネスで活かすには

ビジネスでノンバーバルコミュニケーションを活かす場合、まずは自分がどのようなコミュニケーションを行っているかを認識することが必要です。言葉以外の体の動きや表情をチェックし、相手にどのように伝わっているかを確認しましょう。

表情や動きに気を配ることで、人間関係における好感度はさらに高まります。笑顔や肯定的な表情は、誰からも好感を持たれることに繋がるでしょう。また、身振り手振りを大きくすれば、説得力を生みだす効果も期待できます。

ノンバーバルコミュニケーションにおいては、自分だけでなく相手をよく知ることも大切です。動作に対する受け取り方は人によって異なるからです。手を広げて話す人をフレンドリーだと解釈する人もいれば、オーバーだと解釈する人もいます。コミュニケーションは、相手がいて初めて成立するものなのです。

弊社では、職場での人間関係改善に重点を置いたコミュニケーションコンサルティングを実施し、指導力強化やモチベーション向上など、企業様の課題解決を支援いたします。
エグゼクティブコーチングをベースに、目標達成に貢献できるコミュニケーションコンサルティング・企業研修をご提案しております。自己啓発のためにポジティブシンキングを身につけたい場合も、コミュニケーション研修がお役に立ちます。コミュニケーションコンサルティングの詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

関連記事