1. HOME
  2. Column
  3. コーチング
  4. ファミリービジネスの問題点とコンサルティング

コラム

column

コーチング

ファミリービジネスの問題点とコンサルティング

ファミリービジネスとは、日本ではおもに、家族で経営を行っている同族経営のことを示します。現在、世界では約7割、日本に至っては約9割を占めるほど、ファミリービジネスが一般化されております。しかし、ファミリービジネスだからこそ生み出される問題点もあり、その対策にも重要視されているところです。

ファミリービジネスの問題点

ファミリービジネスの最も大きな問題点として、意思決定の欠如や監督不足などが挙げられます。コンプライアンス体制がしっかりと整っていないことによって、問題が隠蔽されたり、利益相反が生じてしまったりするなど、ファミリービジネスであるが故に不透明な経営が行われていることが多いのです。

また、家族や親族で経営を行うことによる、甘えや意識の低さも経営の安定や成長の阻害として問題視されています。もちろん、所有・経営権をめぐる相続争いや家族間の紛争もファミリービジネスの大きな問題点です。つまり、「ビジネス」「経営」「ファミリー」の3つの要素が強く影響し合うことが、これら問題点の最も大きな起因となっているのです。

コンサルティングの必要性や得られるメリット

しかし、これら問題点を改善するため、現在は様々な対策が取られております。
その中で最も必要とされているのが、コンサルティングです。コンサルティングなど外部の専門家を活用することで、社内にいては気がつかない状況や問題点を知ることができるため、問題を起こすリスクを抑えることができます。

また、マーケティングや財務、生産性など、専門家であるコンサルタントから意見をもらうことで、ファミリービジネスの大きな問題点であるコンプライアンス体制をしっかりと整えることができます。そのため、しっかりとした経営理念の中で業務を行うことが可能です。

もちろん、専門家であるコンサルタントは、他業者の知識も豊富に取り揃えているため、そのノウハウを取り入れることで売り上げ向上をはじめ、企業の安定を図ることができる企業へと成長できるようになります。このように、ファミリービジネスの問題点や課題には、コンサルティングが大変重要視されています。

関連記事