1. HOME
  2. Column
  3. コーチング
  4. 家族経営の重大な課題「事業継承」について

コラム

column

コーチング

家族経営の重大な課題「事業継承」について

家族経営で永続的な運営をお考えでしたら、長期的な視野を持って経営を進めていく必要があります。その際にはあらゆる課題が挙がりますが、その中でも家族経営のターニングポイントと言えるのが「事業継承」です。

事業継承は重大なテーマ

経営者交代となる事業継承は、企業の存続を左右する重大なテーマです。オーナーの経営手腕は、企業の成長や存続の要となるものですので、事業継承を行う際には、予め十分なプランニングを行ってプロセスを慎重に推し進めていくことが大切です。日本で最も多く行われている方法としては、親から息子(または娘)へ、そして孫へと一子に絞って継承する「単独継承」や、支社が多数存在する場合に兄弟で協力し合って企業発展に努めていく「共同継承」などの親族継承が一般的です。事業継承がスムーズに行えないと、不安定な経営が続いて従業員の生活に支障をきたし、廃業に陥ってしまう恐れもあります。それほど、家族経営にとって事業継承は重要視すべきテーマなのです。

念入りなプランニングが大切

親族継承をスムーズに行うためには、まずは専門家と共に客観的な視点で事業継承のプランニングを立てることから始めましょう。
プランニングを立てるポイントとしては、「後継者候補の選定」「経営状況の把握」「経営リスクの分析」「企業の総資産と債務の洗い出し」「取引先相手の整理」などを考えながら計画を練っていく必要があります。将来のビジョンを描きながら事業継承のゴールを明確にしていき、プランに沿って慎重に推し進めていくようにしてください。また、後継者の人材育成にも力を入れる必要があります。リーダーシップや経営学、企業の理念など経営者に求められる能力を身につけるための努力を惜しみなく行ってください。次世代の経営者となる人材を育成する環境づくりも事業継承のプランニングの大事なポイントとなります。

事業継承は「継がせる側(経営者)」と「継ぐ側(後継者)」の意思疎通が大切です。考え方や価値観の違いは家族であっても存在します。時代の流れと共に社会のニーズが変わってきているので、その多様化するビジネスの波に乗っていくためにも、双方が意思疎通を行い円滑な事業継承を行えることが何よりも大切なのです。
そのための施策を練って融合へ導いていくのが、家族経営コンサルティングを担っている弊社の使命です。
安定経営のために、ご相談内容に応じてコミュニケーションコンサルティング・エグゼクティブコーチング・キャリアコンサルティング・セールスプロセスコンサルティングを軸に支援させていただきます。

関連記事